2009年03月26日

ロクシタンのローズで一日の疲れが癒される


13世紀のフランスでフォルカルキエの伯爵が大事に育てた4人の娘たち。それぞれが貴族と結婚し、4人の王女の誕生しました。薔薇の好きな4人がそれぞれ愛した4種類の薔薇..

王女たちの思いがブレンドされ上品に一つのブーケとして表現されたものがロクシタンのローズです。バラはラグースローズ、ブルガリアンローズ、モロッカンローズ、ターキッシュローズで、さりげなく香って長時間持続するという魅力的なシリーズとなっています。

“3秒でプリンセスの気分と香りを手に入れよう”をテーマにオードトワレソリッドパフューム、シャワージェル、ボディミルク、ホームパフューム、センディッドキャンドル、インセンススティックといろいろな商品が展開されています。

肌に潤いを与えるグレープシードオイルが配合されていてフルーティーなバラの香りが漂います。20mlのミニボトルは今まで期間限定で販売されていましたが、人気があり、3150円で販売されるようになりました。

ミニボトルはとっても可愛いですよ♪

ボンメールソープ(630円)は伝統的な製法で作られたバスソープで、純植物性ペースでお肌にやさしく、ローズの香りに包まれます。ローズの香りで一日の疲れも癒される感じが。
posted by yasu at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ロクシタン/ローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。